ビジネス本・成功本のおすすめブログ!

独立、企業、ネットビジネス、投資、自己啓発、資産運用に至るまで、様々な成功本の書評を好き勝手しています。

 

プレゼン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外資系コンサルのスライド作成術 ~スライドは見出しが勝負~


みなさん会社でプレゼンするときパワポでスライド作りますよね?

プレゼントかじゃなくても企画書でパワポで作ったりもしません?

プレゼンを作るときは読み手のことを考えて作れ!って上司から言われることも多いかもしれませんが、
実際に作り方まで教わった人はいないのではないでしょうか?

読み手にとって分かりやすいプレゼンとはどういったものなのか。

それは「何が言いたいかが一目で分かるプレゼン(スライド)」なのです。

良いスライドはそれが見出しにしっかり書かれています。
見出しに書かれていれば、正直中身を読まなくてもいいのです。

読み手にとっても、伝える側にとっても両方にとってメリットですよね?

本書はこういったプレゼンの本質から小技まで、外資系コンサルを渡り歩いた著者によって分かりやすく書かれています。

ぜひご参考にされてみてはいかがでしょうか。

>>分かりやすいスライドを作る為のヒントはコチラ





スポンサーサイト

これだけは知っておきたい「プレゼンテーション」の基本と常識―会社では教えてくれないノウハウ!

プレゼンで緊張したことは?
プレゼンで失敗したことはありますか?

プレゼンの前夜、不安で眠れなかったことはありませんか?
準備は万端、内容もいいのに、なぜか不安。。。

そんなときに知っておくと安心・得するプレゼンの常識!
あなたは知っているでしょうか。

例えば話すスピード。
どのくらいの速さで話せば伝わりやすいのか。

聴衆が聞きやすいスピードは、一般的に

320文字/分

とされています。

これはNHKアナウンサーが話すスピードと言われています。

また接続詞の重要性をご存知でしょうか。

プレゼン中に同じ接続詞を連呼していないでしょうか。

だとしたらそれは耳障りです。
しかし自分ではそのことに気づけないどころか、
考えたこともないのではないでしょうか。

このようなちょっとしたポイントがプレゼンでは大変重要だと思います。

そんあプレゼンの基本と常識が
わかりやすく説明されているのがこの本です。

続きを読む

テーマ : ビジネス書レビュー
ジャンル : ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。