ビジネス本・成功本のおすすめブログ!

独立、企業、ネットビジネス、投資、自己啓発、資産運用に至るまで、様々な成功本の書評を好き勝手しています。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバレッジ・シンキング

先日紹介したレバレッジ・リーディング(過去ログはこちら)に引き続き、

本日はレバレッジ・シンキング(本田直之)を紹介します。

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
(2007/06/29)
本田 直之

商品詳細を見る

オススメ度:★★★★★

いまさらこの名作を私が紹介する必要もないと思いますが、
もうすでに持っている人!もう一度読み直してみたらどうでしょうか。

一生懸命働き、長い時間努力しているのに成果の上がらない人。
一方、人の何倍も仕事をこなしながら、時間的にも精神的にも余裕があり、
高収入を得ている人。

この二者の違いはなんなのでしょうか。

その答えが以下のことだと言っています。

続きを読む

テーマ : 成功する為に必要な事
ジャンル : ビジネス

これだけは知っておきたい「プレゼンテーション」の基本と常識―会社では教えてくれないノウハウ!

プレゼンで緊張したことは?
プレゼンで失敗したことはありますか?

プレゼンの前夜、不安で眠れなかったことはありませんか?
準備は万端、内容もいいのに、なぜか不安。。。

そんなときに知っておくと安心・得するプレゼンの常識!
あなたは知っているでしょうか。

例えば話すスピード。
どのくらいの速さで話せば伝わりやすいのか。

聴衆が聞きやすいスピードは、一般的に

320文字/分

とされています。

これはNHKアナウンサーが話すスピードと言われています。

また接続詞の重要性をご存知でしょうか。

プレゼン中に同じ接続詞を連呼していないでしょうか。

だとしたらそれは耳障りです。
しかし自分ではそのことに気づけないどころか、
考えたこともないのではないでしょうか。

このようなちょっとしたポイントがプレゼンでは大変重要だと思います。

そんあプレゼンの基本と常識が
わかりやすく説明されているのがこの本です。

続きを読む

テーマ : ビジネス書レビュー
ジャンル : ビジネス

多読のススメ レバレッジ・リーディング -本田直之-

みなさんは一冊の本を読むのに何日かかりますか?

3日?一週間?一ヶ月の人もいるでしょう。

私は一冊の書籍(200ページくらい)を読むのにかける時間は
だいたい1日くらいです。
買ったらだいたいその日中に読み終えます。

1時間で読むときもあります。


しかも重要点はしっかりと押さえて読んでいるつもりです。

一般的にかかるよりは早いと思います。

なぜ私が、1時間という短い時間で、
しかも十分理解し、重要点を押さえて一冊読み終えることができるようになったのか。

その秘密がこの本です。

続きを読む

テーマ : 成功する為に必要な事
ジャンル : ビジネス

年俸5億円の社長が書いたお金を生み出す知的生産術 -平秀信-

本日のビジネス本は・・・

年俸5億円の社長が書いたお金を生み出す知的生産術

  詳細を見る⇒


年俸5億円の社長が書いたお金を生み出す知的生産術

オススメ度:★★★☆☆

今よく世に出回っているバリバリ若手社長の仕事術本ですね。
はっきりいって異端です!
私もいろいろな社長本、仕事術本を読み漁りましたが、
この人ほど異端さを感じたことはありません笑
この本を読んで、妙に納得する人もいれば、
ムカついてくる人もいるでしょう笑

この著者の考え方は一言で言うと
「人の役にたつ前に、お金を儲ける」
です。

なかなかこういうことをストレートに言える人は少ないですよね。
やっぱ「お金は汚い」みたいな悪しき習慣が日本にはまだありますからねぇ。

ただこれだけ豪語して、それを信念かのように
これまでビジネスを続けてきた著者の努力はすさまじいものです。

私もこの本と読んで、学ぶことはとてもたくさんありました。
ビジネスで成功するためには、これくらい吹っ切れたマインドが必要なのでしょう。
平均ではダメなのです。
異端であれど、ずば抜ければ成功だ、ということでしょうか。

たとえば著者は文中で
「好かれるくらいなら、嫌われたほうがいい」
と述べています。
この言葉をそのまま鵜呑みにすれば、ただの一匹狼ですが、
これにもそれ相応の理由があり、私は一つの心理であると思います。
その心理は皆さん自身が、この本を読んで感じ取ってください。

文中でほ著者の自慢話や多少のキツイ言い回しなどさえ我慢すれば、
学べるもの非常に多いと思います笑

詳細はこちら↓
年俸5億円の社長が書いたお金を生み出す知的生産術

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

内藤忍の資産設計塾

さてさて、みなさんはもらったお給料、何に使っていますか?

車の購入費用?旅行?ファッション?外食?
勉強熱心な方はたくさん本でも買っていますかな?
でも勉強するだけじゃいけないんですよ(笑

僕は稼いだお金は、貯金したくありません!

なにをするかって?
お金に働いてもらいます。

このフレーズ、さまざまな「金持ち本」にでてくる言葉ですね。
ロバート・キヨサキさんの「金持ち父さん貧乏父さん
本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え
(文庫あったんだ・・・・)
などなどが代表的かな?
いずれこれらの本も評しちゃおうかな。

少し話がズレましたが、お金に働いてもらうということは
要は資産運用ですね。

株式、投資信託、REIT、ETF、FX、不動産などなど。。。

しかし資産運用初心者の私が今やっているのは、
投資信託3本を毎月10,000円ずつ積み立てているだけ・・・
とても資産運用とは言えませんね・・・アチャチャ

で、なにか良い本はないかと探した資産運用本が

内藤忍の資産設計塾

  詳細を見る⇒

まさに教科書的な本でした。
この本が、資産設計する上で重要だと言っていることは、以下の3つです。



続きを読む

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。